粗大ごみだと思っているが、案外リサイクルできます

限りある資源を再活用するために、リサイクルに目を向けてみる事が重要

見積もり

誰もが必ずと言って良いほど、引越しや使わなくなったり古くなったりした物の処分に粗大ごみを出した経験があると思います。そんな時、不要になった自分にとっては完全な粗大ごみだとしても、見る人から見れば、それは欲しかった宝物のように見える事もあるのです。

今現代において、物が溢れかえり、ありがたみがわからない感覚になってしまってます。そんな時代だからこそ、限りある資源を再活用するためにリサイクルに目を向けてみる事が重要です。

粗大ごみはリサイクル品として引き取って貰え、さらにお小遣いまで!

勿論言うは易し、頭ではわかっていても、実際に行動に移すのはめんどくさいとか時間が無い、などといった理由から敬遠されがちです。実際私もそう言う感覚でした。ですが、ちょっとした勇気でリサイクル業者に電話をしてみたら、その考えはあっと言う間に吹き飛びました。電話をかけて、引き取って欲しい物を伝え、日付を予約して後は待つだけでした。たったこれだけのことで、不要な粗大ごみはリサイクル品として引き取って貰え、さらにお小遣いまでいただけます。
もしこれをごみとして出してしまった場合は、料金を収めて引き取って頂くことになります。その差は歴然です。でも二束三文なんだから、もういいよ、とまだ思われるかもしれません。ならば二束三文で終わらせないように、少しでも高く引きとって貰う為に、しっかり掃除して、ピカピカにしておきましょう。そうすれば、査定額は1割ぐらいは変わってきます。
ちょっとしたテクニックとしては、査定員の心象を良くするために、労いの飲み物を出すのも効果的です。

また、自分が欲しい物をショップに赴き、探してみるのも非常に楽しいです。そこでみつけた物は、必ず正規品よりも格安で手に入れる事ができます。そして、実際に良く見る事ができるので、失敗も少ないです。
店員さんとの交渉次第では、さらに格安で手に入れる事ができるかもしれません。そんな駆け引きも楽しみのひとつです。

可能な限り最大限に地球の限りある資源を大切にし、ゴミをゴミとして扱わないように目を向けてみてはいかがでしょう

捨てればゴミ、再利用すれば資源。他の国の事を例に挙げるようで気が少し引けてしまいますが、十分に物が無く、生活に必要な物さえも揃わない貧しい方もいらっしゃいます。我々は恵まれている環境に生まれ育ってますので、可能な限り最大限に地球の限りある資源を大切にする事が必須だと思います。
また、そういう考えを持ち、実行にうつすことは、自分自身の生活環境をより良くする為の行動に繋がると思います。少しでも良いので、ゴミをゴミとして扱わないように目を向けてみてはいかがでしょうか。