粗大ごみを出す前のひと工夫と毎日のこころがけで節約する方法

粗大ごみをを捨てる前にネットオークションに出せないかを検討。売れたらゴミも減って世の中のためになり、懐が少しうるおいます

リサイクルPC

我が家では「粗大ごみ」に出す前にお金にかえられないか考えます。まず本当に使えないかをチェックします。使えるものと使えないものに分別したら、使えないものはそのまま処分すべくゴミ当日のために分類します。そしてまだ使えるものはネットオークションに出せないかを検討します。
世の中には「えっ、こんなものいるの?」とこちらが思うものでも欲しがっている方はいるもので、意外なものが取引されていたりします。
一度もらったものの、使用しなかったスキーブーツを捨てる前にオークションに出品してみますと、中古ながら思っていた以上の値段が付き、落札されて売れてしまいました。
ですから少し手間がかかりますが、オークションで需要があるかないかを調べるんです。需要がありそうなものはとっておいて、出品作業のためにきれいに除菌したりしてお手入れしておきます。そして出品のための写真撮影等、出品作業をして商品に生まれ変わったごみをリサイクル品に変貌させて保管します。
そして運よく売れたら、粗大ごみにしかならないと思っていた家の中の邪魔者が、なんとお金に代わるのです。ゴミも減って世の中のためになり、懐が少しうるおいます。立派な節約になります。

そして残念ながら売れ残ったものは、改めてごみとして処分することを考えます。少し手間のかかる作業で面倒くさいと思われるかもしれませんが、不要になったものを生まれ変わらせることって、とても楽しい作業なのでお試しいただくといいですよ。

「買わない」ことがゴミを出さず結果的に節約につながり、地球にもやさしいことなのです

そして、究極はゴミを出さない。これに尽きるでしょう。ゴミを出さないためには、「買わない」です。本当に必要なものかどうかよく考えます。そして本当にいるものだけを買うのです。買う前に家の中にあるかどうかを考えて探してみる、すると意外に奥にしまっていて見えなかった「いるもの」が見つかったりします。もし買っていたら余った一つはきっと粗大ごみ行きになっていたでしょう。
買わないことは、家の中に不要なものが増えず、いつもすっきりした家を実現することができます。必要最低限のものだけにしておけば「もの」があふれずお片付けも簡単に済む整理整頓ができた家に住むことができ、ものがあふれた生活よりも精神的に豊かな生活が送れます。
「買わない」がゴミを出さず結果的に節約につながり、貯金もできるのです。ゴミを出さず、必要なもの好きなものだけに囲まれて暮らすのはとても素敵なことです。節約にもなり地球にやさしいです。お試しになってみてください。