粗大ごみとは?という方のためのルールとマナー

特定家庭用機器再商品化法に該当するものや、適正処理が困難なものなど、粗大ごみとして対象外のものもあります

生活において粗大ごみとは?と思う人もいるかもしれません。粗大ごみとは普段の日常生活において、私たちが出す不要となった大型のごみのことです。衣装かけやいすなどの家具や、ベットなどの寝具、ギターやスキーの板などの趣味やスポーツで出るごみを具体的に言います。
ただし、エアコンやブラウン管式のテレビなどは粗大ごみ対象外です。これは、廃家電のごみを減らしなおかつ、再資源の有効利用を促進するために、平成13年4月1日に特定家庭用機器再商品化法が施行されたからです。
エレクトーンなどの長さが2メートル以上また重さが概ね55キロ以上の物なども対象外です。更にタイヤ、バッテリー、消化器など適正処理が困難なものも対象外です。
また例えば電気屋さんや家具屋さんを営んでいたときに商売道具として使っていた粗大ごみは収集できないので注意が必要です。

粗大ごみの処分の仕方は各都道府県によって違うので、しっかりルールを守って出しましょう

粗大ごみの処分の仕方は各都道府県によってまちまちですが、基本的には捨てる際に電話やインターネットで申し込みしなけばなりません。申し込んでごみを処分する日を話しあい、コンビニなどで売っているごみ処理券を購入し、それを粗大ごみに貼り付け業者に提出します。一軒家の場合やマンションの場合でそれぞれ提出の仕方が違うので注意してください。粗大ごみ処理の中では料金を免除される場合があります。それは災害が発生した場合です。

粗大ごみは業者とのコンタクトが必須のごみです。約束した日にちに出さなければ業者さんに迷惑がかかるので注意しましょう。また、約束の日に出せなかったからといって普段の可燃物のごみや資源回収の日に出すのはルール違反です。近隣の人の迷惑にもなります。このごみは持ち帰れないというシールが貼られるでしょう。決して収集の人が優しさついでにと持っていくことはないので、万が一間違えて出してしまったら必ず家に持ち帰りましょう。

木でできたものを細かく解体し燃えるゴミとして出したり、リサイクルショップに出してみるのも一つの方法

粗大ごみは確かに提出する際には電話したり、ごみ処理券を買いに行く必要があったりと面倒くさいことも多いです。しかし、責任を持って自分でちゃんと処理しなければ近所の人とのトラブルを招くことになりますし、法的処分を受けることになりかねません。
もし燃えるゴミとして出したいのなら木でできた椅子や箪笥などはなるべく細かく解体して出しましょう。ルールとは絶対に守るものです。また捨てるだけでなくリサイクルに出してみるのもいいでしょう。家具専門のリサイクルショップでは綺麗にして商品として扱ってくれるところもあります。